2021年04月06日

コロナ禍のマスク生活で分かる口臭

最近よく聞くのが、コロナ化によって日々マスクを着用して生活をする中で、改めて自分の口臭が気になるという話です。

マスクをする時間が明らかに増えている今現在の生活ですが、マスクをすることによって、口元の空気がこもってしまい、口臭があるないに関わらず、かなりマスク内で自分の口臭がこもっているということです。

私もマスクを着用する時間が長いと、どうしてもマスク内の臭いや湿り気が気になります。空気を漏らさないように、また外の空気を遮断するようにマスクを着用するわけですが、これは本当に口臭にポイントをおいて見ると、かなり環境としては悪いです。

嫌でも自分の口臭がマスク内で広がり、また同じマスク内にある鼻へ直接空気が入るわけなので、口臭を感じずにはいられません。

けど、口臭を外へ広げないという意味では、マスクをしている限り、まわりの人々へはあまり影響がないというポイントはあるかと思います。口臭が気になっているという方は、このマスク生活がある意味都合が良いかもしれません。

とはいえ、やはり口臭があるというのは、体調面から見ても、口内環境という面から見ても、決して良いこととは言えないものなので、マスク内にこもった臭いを対策していくことが、改めて必要かもしれないと思います。
posted by コロナ禍口臭 at 00:07| 口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。